利根保健生活協同組合について

私たちは協同互助の精神に基き、組合員の健康を守り、生活の文化的・経済的改善、向上を図るために事業・活動を行っていきます。

利根保健生活協同組合の理念

健康をつくる。平和をつくる。こころ豊かなまちをつくる。

そのために
私たちは、組合員・地域住民と医療や福祉の専門家が協同する組織です。「あって良かった利根保健生協」をめざし、事業と運動を発展させ、「つながる・つなげる」を合言葉に、多くの人たちと手をむすび、健康で豊かなまちづくりをすすめます。

  1. 安全で質の高い医療・介護・福祉と保健予防サービスを提供します。
  2. 全世代が参加できる、地域まるごと健康づくりにとりくみます。
  3. いのちを脅かす戦争に反対し、憲法をまもり、平和と人権を大切にします。
  4. 未来を担う子どもたちが健やかに成長できる地域づくりに貢献します。
  5. 一人ひとりを大切に、安心してくらせるまちづくりをすすめます。
  6. 地域環境保全のために、自然を守り、エネルギーを大切にします。

理事長挨拶

2021年6月の理事会で8代目の理事長を仰せつかりました、利根中央病院名誉院長の大塚です。どうぞよろしくお願い申し上げます。
利根保健生活協同組合は1954年に12床の有床診療所を開設して始まりました。常に組合員皆様のご要望に応えるべく、科を増やし、1962年に利根中央病院を建築しました。その後も1982年の利根歯科診療所開設を皮切りに、医科・歯科診療所、老人保健施設、保育園、訪問看護ステーション、サービス付き高齢者向け住宅などを造りました。また、特養をグループの仲間に迎え入れて、文字通り赤ちゃんからお年寄りまですべての世代に対応できる事業所を充実させています。これと並行して、組合員の皆様には多方面でご協力を頂いていますが、健康班会や保健大学、講習会、お祭りは地域医療や地域の生活を学ぶ場として各職種の学生にとって意義深い場になっています。
この間、危機的なこともありました。2009年からの医師の減員で利根中央病院の救急外来を始めとした医療を縮小せざるを得なくなったことがありました。昨年の2020年には病院職員の新型コロナウイルス感染者が複数出て3週間の医療縮小を余儀なくされました。このような危機の時には職員も心が折れそうになり、気持ちがバラバラになる危険を孕みました。その時に心の拠り所になったのは「おらが病院、おらが診療所」という皆様の熱い想いと信頼でした。このつながりのために、職員が励まされ、自信を取り戻し、危機を脱して更に発展することができました。
しかし、医療情勢は予断を許さない状況にあります。コロナ問題は収束の兆しがまだ見えていません。鳥インフルエンザ、SARSなど新しい感染症も油断ができません。国や群馬県が進めている第8次保健医療計画は医療の効率化を謳っていますが、事実上の医療の締め付けと削減です。
このような中で、2021年6月の第45回通常総代会で「健康をつくる。平和をつくる。こころ豊かなまちをつくる。」が理念として継承されました。スローガンでは「助けあい活動を推進し、地域のくらしを支援」「各事業への組合員の関わり方を強め、事業の質の向上を通して、地域の安心・安全に貢献」「子育て世代の要求ともマッチする企画や講座を準備し、多くの世代とつながるしくみづくり」を掲げました。
この理念とスローガンを合言葉に皆様と共に進んでいきたいと思います。そして、皆様と当生協が作り上げた保健活動・医療活動が「地方が心豊かに安心して暮らしていけるという見本」となり、困難を抱えている地方を勇気づけられるようなものになれば、これほど嬉しいことはありません。
今後とも利根保健生活協同組合への一層のご支援とご協力をお願いいたします。

利根保健生活協同組合 理事長 大塚 隆幸

概要

定款地域と組合員加入

沼田市ならびに利根郡、吾妻郡一円、渋川市(ただし平成18年2月19日現在における赤城村、子持村)に居住または勤務されている方は組合員となる事が出来ます。

  • 法人名
    利根保健生活協同組合
  • 所在地
    〒378-0053 群馬県沼田市東原新町1861-1
    電話:0278-22-6060 ファックス:0278-22-6262
  • 理事長
    大塚 隆幸
  • 設立
    1976年(昭和51年)
  • 事業所
    利根中央病院(入院病床数253床)
    利根歯科診療所
    生協みなかみ歯科
    片品診療所
    利根中央診療所
    とね訪問看護ステーション
    利根中央病院居宅介護支援事業所
    片品診療所居宅介護支援事業所
    とね在宅総合センター
    介護老人保健施設とね
    とねホームヘルパーステーション
    サニーホームひまわり
    どんぐり保育園
    セントラルキッチンぬまた
    病児保育室くるみ
  • 組織現勢
    (2021年3月現在)
    加入組合員数 29,026人
    出資金額 16億5,366万円
    平均出資金額 56,972円

沿革

  • 1954年(昭和29年)
    利根中央診療所 開設
  • 1958年(昭和33年)
    群馬県労生協と合併
  • 1960年(昭和29年)
    機関紙「利根の医療」創刊(のちに「利根の保健」へ)
  • 1962年(昭和35年)
    利根中央病院 開設(85床)
  • 1974年(昭和49年)
    利根生協保健大学 開校
  • 1975年(昭和50年)
    利根中央病院 精神科病床開設(32床)
  • 1976年(昭和51年)
    利根保健生活協同組合 設立(群馬労生協より分離独立)
  • 1977年(昭和52年)
    第1回保健活動交流集会(以後、毎年度末開催)
  • 1982年(昭和57年)
    利根歯科診療所 開設(ユニット7台)
  • 1990年(平成2年)
    片品診療所 開設
  • 1995年(平成7年)
    利根中央病院 第6期建設竣工
  • 1997年(平成9年)
    とね訪問看護ステーション 開設、片品診療所 歯科開設
  • 2000年(平成12年)
    とね在宅総合センター 開設
    介護老人保健施設とね(30床)・とね診療所
    とね訪問看護ステーション・とねヘルパーステーション
  • 2003年(平成15年)
    介護老人保健施設とね 増築(50床)
    利根歯科診療所 移転新築竣工(ユニット25台)
    歯の保健大学 開校
  • 2005年(平成17年)
    創立50周年記念集会
  • 2011年(平成23年)
    生協みなかみ歯科 開設(ユニット7台)、つきよの虹ホール
  • 2013年(平成25年)
    生協本部移転
    新給食施設稼働
  • 2014年(平成26年)
    創立60周年記念式典
  • 2015年(平成27年)
    利根中央病院 新築移転
  • 2016年(平成28年)
    サニーホームひまわり 開設
    どんぐり保育園 新築移転
  • 2017年(平成29年)
    利根中央診療所開設
  • 2018年(平成30年)
    病児保育室くるみ開設
    利根保健生協を母体とした「社会福祉法人とね虹の会」設立
    特別養護老人ホーム「とね虹の里」(80床)開設

PAGE TOP